uyt.JPG ------------ 000.jpg yokonagakuro.jpg

「先崎学の浮いたり沈んだり」のレビュー

棋士の先崎学八段の著書『先崎学の浮いたり沈んだり』という本に「正座についての一考察」という一遍があります。
内容を一部抜粋し要約すると次の通り。

***************************************
棋士はよく「一日中正座しててよく痺れませんね」と言われる。
言われるたびにニヤリと笑い、「いや そりゃ商売ですから」と得意顔になるのだが・・・実は痺れているのである。

10時に対局開始して、だいたい11時半ぐらいに痺れてくる。
慌てて胡座になり、深呼吸したり昼飯のことを考えているといつの間にか痺れは収まり トイレで太股のあたりを強く揉む、これで一件落着。

不思議なのはここからで、この朝の危機を乗り切ってしまえば一日中痺れは やってこない。
夕方を過ぎて足が痺れたことは一度もない。
その代わり、朝のひとときは必ず痺れる。
私はこの現象を、集中して頭に血が行くのと関係あるのではないかと勝手に思っている。
***************************************

棋士という職業柄か、集中すると足が痺れないのだそうな。
将棋の対局中は正座か胡座というのが不文律で、割合を見ると 朝は9対1で正座の勝ち、昼過ぎから夕方は半分半分、夜は7対3で やはり正座の勝ち。
要するに「気合いを入れて」「気を抜いて」、そしてまた「集中する」のだそうです。

そして、中には朝から晩まで正座を崩さない棋士もいる反面 正座が苦手な棋士もいるそうで、やはり太っている人は全般的に正座が苦手なのだそうです。

sakzak.jpg

「正座と日本人」のレビュー

先日、近所の本屋で「正座と日本人」というタイトルの本を見つけました。

正座は日本独自の文化習慣ですが、これまで正座を主題にした本というものはありませんでしたので、初めて出版された正座の専門書と言えるのではないでしょうか。
内容はほとんどが正座の歴史について であり、よくまあ これだけ詳しく調べたなぁ〜 と感心しました。

ただし、正座自体に関しては否定的な意見が多く書かれていて 後の章で正座の効用も謳ってはいますが「茶道で悪くなった膝を治療し 治ったのに再び茶道をするなんて、これではまた膝を痛めてしまう」「電車の中で正座してる高齢の人は正座中毒状態」等、自分とはかなり見解の相違がありました。

割座や横座りでなく正しい正座をしていれば長時間の正座でも膝を痛めることはありませんし、年輩の人が正座をするのは腰痛持ちの人にとっては その方が腰の負担がなく楽だからです。

この本の著者 丁宗鐵氏は「利休は茶室でもアグラをかいていた」との説を唱えているのですが、その理由が 利休の肖像画がアグラをかいているから というもの。
全く説得力のない論拠だと思うのですが、本当の所はタイムマシンで過去に行ってみなければ誰にも分かりません。

というのも 正座の呼び名が時代や地方によってさまざまで 文章などの記録が残っていても それが今で言う「正座」をさすのかどうかを確かめようがないからです。(日本全国で正座を表す方言は100を越えるそうです。 )

また、この著者は 正座の歴史は浅く大正から昭和初期の頃に政府が" 日本人は昔から正座をしていた "と思いこませるように仕向けたのではないか とも書いています。

つまり、時代劇などで武士が正座をしているのは後世の人が作り上げたイメージ、つまり空想の産物だと言うのです。
まあ このあたりの話は理由にも説得力があり 自分もほぼ その通りではないかと思っています。

正座時の足のしびれを防ぐ方法については201ページに「足のしびれを防ぐコツ」という2ページほどの記述があります。
参考になるかは…ですが。

sezahon.jpg

「正座で足がしびれない・正座の秘技」のレビュー

インフォゼロの無料レポート「正座で足がしびれない・正座の秘技!」の感想です。

ダウンロードして読んだところ、これは正座のマル秘技!の続編のようなレポートでした。
数分おきに座布団の位置を変え バランス良く左右非対称の正座をする、というのが正座のマル秘技でしたが この正座の秘技ではそれを ある物を使うことによって 座ったままで出来るようになる、という内容でした。

補助具として使う ある物は100円ショップで売っているものでいい というので早速 近くの100円ショップにGO!

で、実際に使ってみた感想ですが・・・。

う〜ん 確かに足はしびれなかったのですが、30分を過ぎたあたりから足がつらくなってきました。
前後左右に体重移動することで 騙し騙しですが 1時間ほど正座していられましたので、使えなくはないかな。
まあ、かなり面白いアイデアだとは思いました。
 
higi.jpg

有吉与志恵「フットコンディショニング」のレビュー

前に書いた記事「正座に効くフットコンディショニング」の続きです。

有吉与志恵 著『フットコンディショニング』という本が届き、ざっと読みました。
足のしびれに効果のある とされるのは「リセットコンディショニング」の章、76〜94Pあたりですね。

施術の基本フォームは片足を曲げた長座のような座り方でするのですが、84〜88Pの仰向けに寝そべってする運動は自宅でなら可能ですが外出先では無理、また81Pの「足首2(足首回し)」も裸足にならないと出来ません。

89Pからの「足の甲のリンパ」「足首のリンパ」「ふくらはぎのリンパ」「膝裏のリンパ」「膝上〜もものリンパ」「もも〜そけい部のリンパ」は特に正座に効果がありそうなリンパマッサージですね。

で、実際に正座で効果があるのかということですが・・・早速 実験!
上記の「リセットコンディショニング」の章(84〜88P以外)のリンパマッサージを足に施します。
片足ずつするのか 左右の足交互にするのか迷いましたが、とりあえず左右の足を交互にリンパマッサージ。 本を読み 理解しながら だったので時間が掛かり 約30分かけて一通り施しました。

私は普通に正座をすると5分ぐらいで足がしびれてくるのですが、今回は15分までは大丈夫だったので効果はあると言えるでしょう。
しかし、15分過ぎたあたりから足がしびれてきたので完全にしびれないという訳にはいきませんでした。

ただ施術に関して、どれぐらいすればいいのかということが具体的に書かれていないので(本には「数回繰り返してください」という書き方しかしていない)正座にもっと効果が出るには、もう少し長く施術する必要があるのかもしれません。

また、お風呂に入り 風呂上がりに上記と同じリンパマッサージをし 正座をしたところ約30分までは足がしびれてこなかったので、身体を暖めてからこのフットコンディショニングをすると より効果的なようです。

ちなみに、この『フットコンディショニング』という本には他にも「ガニ股・O脚・腰痛を治す」「外反母趾・X脚を治す」「膝の痛みを治す」「下半身で部を解消」「メタボセルライトを撃退」「太い足首を細くする」といったリンパマッサージ法も書かれていました。

futo.jpg

「簡単に出来る!折りたたみ正座椅子の作り方」のレビュー

先日書いた記事の中で紹介したインフォゼロにあった無料レポート
簡単に出来る!折りたたみ正座椅子の作り方」のレビューです。

レポートによると正座椅子を作るのに必要な材料は「キャンバス(2枚)」「ジョイントマット」「小型の まな板」だけ。
ダイソーで購入出来るというので、早速 近所のダイソーにGO!

探してみたところ キャンバスというのは油絵・アクリル画用のキャンバスボードのことで、その表面はザラザラした厚紙製 厚さは4mmほどある しっかりした画材です。

自分が行ったダイソー店にはA5版とB5版の2種類が置いてあり、レポートではA5版を2枚買って正座椅子を作ると書いてあるのですがB5版の方を買えば もうちょっと背の高い正座椅子が作れますね。

材料がそろった所で いざ工作です!
まずはキャンバスにカッターで切り込みを入れ、ボードに力を入れて割り いくつかのパーツに切り離します。
これが 思いのほか簡単に 綺麗に割ることが出来たのでビックリ。
ジョイントマットはカッターで切り離すのは難しかったのでハサミか包丁で切るのがいいかも。

まな板は そのまま使う と書かれていましたが、私は余ったジョイントマットを まな板の上にガムテープで貼りつけ座部のクッション代わりにしました。

ということで、思ったより簡単に正座椅子は完成。
折りたためるので かさばりませんし、実際に座ってみたところ 頑丈で正座椅子として十分に使える物でした。
ただ マニュアルに描いてるガムテの量ではちょっと強度が弱いので周りに布を張るなど それなりに補強し、ストッパーも1つだけでなく2つ作って上下に入れないと座って30分ほどで壊れます。(笑)

また、そのままだとガムテだらけで 見てくれが悪く 人目のある所では使いにくいので、レポートにも書いていますが 別にカバーを作る必要はありますね。

kyanbas.jpg

「正座1グランプリ」の動画

ちょっと面白いYouTube動画を見つけました。
この動画は 今はもう終了してしまった「シルシルミシルさんデー」という番組内でのワンコーナー。

1時間の正座した後に100m走をして一番最初にゴールした人を正座王とする「正座1グランプリ」という企画。

エントリーは 浄土真宗の僧侶 金田塁(37)、将棋の棋士 佐藤紳哉(32)、落語家 林家木久蔵(34)、格闘家 武蔵(37)の4人。

競技の内容もさることながら、棋士の佐藤紳哉さんがかなり変わったキャラの持ち主のようで面白かった。

最初のインタビューで「砂糖のように甘い言葉で深夜に君を寝かさない、佐藤紳哉です」と発言。
この人いっつも この決め台詞言ってるのかな?

VTR見てた出演者さん達にも「なに この人!?」と突っ込まれてました。
1時間の正座をした後にスタート位置に付くのですが、佐藤紳哉のそこでの行動にはビックリ!

ホントに「何なの この人!?」と言いたくなりました。

運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。