uyt.JPG ------------ 000.jpg yokonagakuro.jpg

正座が出来ない、という人は・・・

正座が出来にくいのは、多くの場合 膝関節に原因があります。
肉体労働者や高齢者に多いのだそうです。

若いにもかかわらず正座が苦手という人は、足の血流が阻害されている場合が多いそうで そういう人には次のような運動をお勧めします。

まず、膝と膝を重ねるように脚を組んで椅子に座り 上側の脚を貧乏揺すりのように動かす という動作を両脚共に行ってから正座をしてみるのです。

正座の前に この運動をすると脚の動脈の詰まりがマッサージ効果で改善され、膝関節にさえ異常がなければ かなりの人が正座できるようになるのだそうです。
正座研究所 参考画像

正座と膝痛の因果関係

膝痛の原因に「正座」が上げられることがあります。
また、正座をすると足が曲がる という俗説もあります。
これらは本当なのでしょうか?

実は 数年前に新潟大学が「正座と膝痛、その他の因果関係について」という疫学調査を行った結果を発表したのですが・・・。
その結果、正座は完全に"シロ"でした!。

「正座をする事で膝に負担が掛かる」と言う考えは全くの間違い。
なぜなら、立っている状態では膝に圧力が かかるが、膝をたたんでいる正座では体重は膝関節には全くかかっていないからです。

正座すると膝が痛い、という人は正座が原因で膝が痛くなったのではなく、膝が悪くなったから正座すると痛いのです。

「正座は下肢にとって、非常に良い最高のストレッチである」という人もいます。
これ程下肢にとって良い習慣はないのだそうです。
正座研究所 参考画像

正座は膝に悪いの?

膝痛の方が病院に行ったら「正座をするなと言われた」という話をよく聞きます。
では、正座は膝に悪いのでしょうか?。

礒谷式力学療法の創始者 礒谷公良氏は常々「胡座は股関節が転位するからあかんよ」と正座を勧めていたそうです。
たまに胡座をかいてる患者さんを見つけると「現行犯逮捕や!」と言って正座に直させていたそうです。

つまり「正座は膝に悪影響を与えない」ということです。
いや、むしろ正しい正座の仕方をすれば 膝痛をより早く治療することさえ可能なのだそうです。

ただし、正しい正座の仕方が分からなければ かえって病状が悪化してしまう場合があるので"無難な選択"として「正座はしないでください」ということになります。
一日1回、数分程度の正座は膝痛予防にも最適な健康法だ とも言えるでしょう。

また「正座ができない」「膝が曲げられない」方は無理な体勢から腰痛を引き起こす原因ともなりえますので、該当する人は直ぐに医師に相談することをお勧めします。

今回の元ネタ記事は療法院つれづれです。

正座研究所 参考画像

変形性膝関節症と正座痛1

「膝に水がたまった」という話を普段の生活で耳にすることがあると思います。
膝が腫れて痛く、曲げ伸ばしに差し支えを感じたら、膝関節に何かの炎症が起こっています。

年齢が中年以降で、膝のケガをしたことがないのに腫れてきた場合には、中年以上の方で関節軟骨がすり減って起こる変形性膝関節症である場合が多いです。
膝関節症とは、膝関節のクッションである軟骨がすり減って関節が変形してくる病気で、一般的に女性に多く50歳を過ぎた頃から増えてきます。

関節は骨と骨の継ぎ目であり、骨の表面は軟骨という神経がなく痛みを感じない組織で覆われています。
この軟骨が年齢とともにすり減ってしまい最終的には骨が関節の表面に露出してしまうのが変形性関節症です。

軟骨がすり減って薄くなった状態では、歩行などによる体重の刺激は骨に 過剰に伝わってしまい、神経が豊富な骨は痛みとして感じてしまうわけです。

症状は膝の痛みであり、この病気のサインは「歩き始めに痛い」とか「正座をしていると痛くなる」というものです。
「正座は出来るが長く続かない」「正座から立ち上がる時がつらい」という症状があれば膝関節症の初期と考えていいでしょう。

膝関節症が悪化し軟骨が半分くらいに減ると、歩くときの痛みは強くなり階段を下りるのがつらくなります。
膝が完全に曲がりきらず伸びきらない状態になり、正座やしゃがむ動作が苦痛になってきます。

この状態だと関節を覆う袋は膨張してしまい、それが袋の神経を刺激して別の痛みを引き起こしてしまいます。
膝関節症は俗に"年寄り膝"といわれるように、年齢とともに悪化していくという面があります。

しかし、高齢になっても膝が悪くならない人も多く、同じ仕事をしていても膝が悪くなる人と悪くならない人がいます。

正座研究所 参考画像

変形性膝関節症と正座痛2

膝関節症の治療法は関節軟骨の減り具合や痛みの程度によって違いますが、『薬物療法』『理学療法』などの保存的治療が基本です。

まず『薬物療法』は飲み薬の消炎鎮痛剤、いわゆる"痛み止め"がメイン。
痛み止めは病気そのものを治すものではなく、あくまでも腫れや痛みなどの症状を和らげるためのものです。

関節内注射では「ステロイド系消炎剤」と「ヒアルロン酸」の二種類があります。
ヒアルロン酸の注射は関節の動きを良くする働きと痛みを和らげる効果があります。

しかし、ステロイド系の消炎剤は骨を弱くするなどの合併症が比較的多く発生するので 現在の整形外科では以前ほど使用されなくなってきています。
痛みが和らいでいる期間は個人差があり、数日しかもたないという人もいれば1カ月近く効果が持続するという人もいます。

『理学療法』は、関節を温めて動きやすくしてから膝を伸ばす運動や曲げる運動をします。
入浴時に浴槽の中で正座の姿勢をとるようにし、入浴後に膝の裏すじを伸ばすストレッチを行なうのも良い治療法です。
膝が痛いからと動かさず安静にしている という人がいますが これは大間違いで膝を動かさないと 症状をより悪化させてしまいます。

正座が出来なくなるほど悪化した場合は、医師の指示に従ってください。
できれば症状が軽いうちに専門の医療機関か、鍼灸院で治療受けられることが理想です。

予防法としては、体重を増やさないことと膝を伸ばす筋力を落とさないことで、膝を伸ばす運動は、椅子に腰かけた状態から右膝の位置が変わらないように気をつけながら、右足のつま先を天井にむけて膝を真っ直ぐに伸ばします。
膝が地面と平行になったら、太ももに力をいれてゆっくり5つかぞえます。
これを左右交互に10回ほど1日2回(朝と夕方)行なうと良いでしょう。
正座研究所 参考画像

落語家円丈が膝痛で正座が出来なくなった!?

落語家の三遊亭円丈が今年の4月頃、膝を痛め正座が出来なくなる という危機があったそうです。

とにかく起きるたび膝の状態が悪化していき 楽屋の座布団にも座ることが出来ずに立っていたというのです。
しかし、正座しないと落語は出来ません。

仕方なく無理を押して高座に立ち、正座で落語をするのですが、終わると足を引きずりながら降りてくるというありさま。
仕方なく落語をする時は正座椅子を使うようになったのですが、そのうち膝がさらに悪化してきて階段を下りることすらも困難に。

近くの医者に行ったのですが どうにも要領を得ない。
で、2件目に整形外科病院に行って診てもらうと「完全に変形性膝関節症の初期の状態です」と言われたのです。

周りに訊いてみると皆 「膝だけは治らない」と口をそろえて言います。
もう膝にはずっとシップを貼り、痛み止めの薬を毎日飲んでいる状態。
「どっかにいいトコはないだろうか?」と思っていたら、三ノ輪にある整骨院が良い という話を聞きつけ、早速行ってみると まず寝かされて患部の膝に電気マッサージを施された。

その整骨院はオステオパシーというカイロプラクティックの元となった療法で治療をするそうで、治療が終わってから先生に「この膝は治りますかね?」と聞いたら「ええ治ります」とあっさり。
「基本的には薬を使わないので、痛み止めとシップも使う必要は無いですよ」とも言われたそうです。

その後は 見違えるように膝は快方に向かい、8月には落語するのに正座椅子を使う必要もなくなり、筋トレの成果か 膝を痛める前よりも今の方が丈夫になったのだそうです。
『膝だけは治らない』というのは迷信で、間違った常識だったんですね。
あるいは、それだけ医術が進んだということでしょうか。

今回の元ネタ記事は三遊亭円丈「落語の世界」です。

ennjo.jpg

正座ダコの治療法

以前、「正座ダコが出来ると正座が楽に出来るようになる」という内容の記事を書いたことがあるのですが、調べてみると 一概にはそうとは言えず、むしろ そうではない場合の方が多いようです。

時には正座ダコが化膿して足が腫れ上がり、病院で膿を出す切開手術を受けることさえあり、また 痛みはなくても角質が硬くなり色が黒ずみ目立つので 女性などは「恥ずかしくて足首が出せない」という人もいるそうな。

そもそも「正座ダコ」というのは名前の通り 毎日のように正座をする習慣のある人などに出来るもので 主に座るときに体重がかかる場所(くるぶし・足の甲・膝)に出来ることが多いようです。

正座ダコの治療法は、まず お風呂に入って皮膚を柔らかくしてから軽石などで擦って角質を薄くすること。
そして、削った後は石鹸で丁寧に洗い 乳液でたっぷりマッサージ、これを毎日行います。
ちょっと根気がいりますが これでかなり良くなるはずです。

外科的に切除する方法もありますが、痕が以前にも増して角質化し痛みが強くなることもあるそうですので、あまりお勧めはできません。

体の中から治療する方法としては奇跡のフルーツ「ノニジュース」を飲むとかなり効果が期待できるそうです。

ノニは身体の免疫力を上げる効果があるので これを毎日飲んでいると正座ダコやオデキなども治ると言われています。
ノニジュースを飲む量の簡単な計算方法は 体重(kg)×0.5cc=?cc が1回の用量の目安。
たとえば体重50kgの人だと 50×0.5=25cc になります。

ただし、ノニは身体にはとても良いのですが ものす〜っごく不味いので 飲むときは他のジュースなどで割って飲むことを お勧めします。

noni.jpg

ヌーブラを使った正座の実験

私は以前に、「ヌーブラを使った正座の裏ワザ」という記事を書いたことがあるのですが、その時はヌーブラの値段が高かったために断念しました。

そこで、今回はヌーブラに似たような素材で代用しよう と思い調べたところ ヌーブラの原材質は「ポリウレタンとシリコンの混合材」だということが判明。
しかし、その素材自体は医療用のために 一般ではまず手に入らない とのこと。
そこで今度は「高弾性ゲル」というヌーブラに似た素材があることをつきとめ 調べてみたのですが これがまた結構値段が高〜い。

「何だ、それならヌーブラでいいじゃん!」ということで今回 思い切ってヌーブラを買ってみることにしました。
少しでも安く買うために、まずはヤフオクで検索。
(ちなみにヌーブラは「女性の下着」と同じ扱いなため 使用済みの中古品はオークションには出品自体が不可、よって出品されている物は新品のみです。)

正規品である必要は全くないので「ヌーブラタイプ」「シリコンブラ」等で検索すると いや〜結構一杯出てきます。
で、私は運良くヌーブラを320円(送料700円)で落札することが出来ましたぁ〜 、ラッキ!

送られたきたヌーブラの左右の接合部分をハサミで切り取り これで準備完了。
では、早速 実験!。

う〜ん、さすがにヌーブラ 密着度が抜群でズレませんね〜。
ヌーブラを貼る部位は 左右の足の甲のやや上(正座ダコが出来るようなあたりです)。
靴下はヌーブラを貼った上にはいても 足を圧迫しない大きめの物を用意しました。

で、結果ですが・・・う〜ん微妙。
やや楽になったような気もしますが 足がしびれるのが少し遅くなっただけのような気も・・・。
残念ながら劇的な効果があるという訳ではありませんでした。

ただ、左右の足を重ねて正座した時に当たる足首の部分にヌーブラを貼ってみたところ 足の痛みは激減。

そこで思ったのですが、痛くて正座が出来ない人は このヌーブラを正座ダコの部分に貼れば楽に正座が出来るようになるのでは?
そういう意味でなら結構使えるかもしれませんね。
また、今回はヌーブラをそのまま足に貼ったのですが 使いやすい大きさに切って使っても良いと思います。

ちなみに、足首にヌーブラ貼った場合、短い靴下ですと 歩いているうちにポロッと落ちてしまいやすいので ご注意を。(笑)
nu-bra.jpg

膝の若返りプロジェクト「膝痛ゼロ作戦」

1月12日に放送されたTV番組『*みんなの家庭の医学』で「膝の若返りプロジェクト」なるものが紹介されておりました。
(*この番組は『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』がリニューアルされたもの)

伊豆大島では厚生労働省認可の膝痛改善のためのプロジェクト「膝痛ゼロ作戦」によって住民の膝の痛みが半減し、膝の痛みで正座も出来なかった人が わずか数ヶ月で膝痛が無くなったというのです。

中でも春木望さん(76歳・男性)は7年前から左膝の痛み(変形性膝関節症)で苦しんでいたのですが このプロジェクトに出会い たった1週間で膝の痛みがなくなったと言うではありませんか。
はたして その秘密とは・・・!?

東京都老人総合研究所の大淵修一先生が解説するところによると 膝痛を解消するには「ハムストリングス」「大腿四頭筋」「中殿筋」を鍛えれば その筋肉によって膝が強化 保護されるのだそうで、具体的には下記のような運動を習慣づけることで 膝痛は次第に消えていくのだそうです。

◆リング状のゴムを足にかけて後ろに引っ張る運動。
◆片足に2kg、両足で計4kgのオモリをつけてウォーキング。
◆ゴムをひざに巻いて股を広げる運動。

これらの運動を食事中や外出時などの日常生活の合間に 何かをしながら運動をする、これが長く続けられる秘訣なのだそうです。
また、これらの運動は毎日でなくても 2日に1回のペースでOKなのだそうな。

ちなみに片足に2kg、両足で計4kgのオモリというのは足首に巻く「アンクルウエイト」と呼ばれるものです。

kateinoigaku.jpg

膝蓋軟骨軟化症の予防法

先日、「yahoo!知恵袋」「教えてgoo」といった質問回答コミュニティーで、正座に関してどんな質問があるのかと思い検索してみたところ・・・ま〜出てくるわ出てくるわ。

足のしびれに関しての質問は当然ですが「正座すると足が短くなるの?」「正座すると膝が出るの?」「正座すると足の形が悪くなるの?」等という質問を数多く目にしました。
「子供には正座をさせない」との考えをお持ちの人も多々おられるようで・・・とにかく正座はすこぶる評判がよろしくない。
しかし、一方で「正座は日本の文化で健康にも良いのでは?」と回答される人もあり、少しホッとも しました。

膝の疾患で正座が出来なくなった、との書き込みも多く見られ 私も以前に「オスグット病の予防法」「変形性膝関節症と正座痛1」「変形性膝関節症と正座痛2」という記事を書きましたが、最近増えている膝の疾患に「膝蓋軟骨軟化症」というものがあります。

この膝蓋軟骨軟化症というのは膝蓋骨の大腿骨との間にある関節軟骨が軟化し変形する病気です。
膝の使いすぎが原因で起こる病気で、長距離ランナーに多くみられるところから、通称「ランナー膝」とも言われ 現在も増え続けている現代病です。

スポーツ障害の一種と思われていますが、他に膝蓋骨の怪我が原因で関節軟骨が傷ついても起こります。
また、先天的に膝蓋骨の関節に なんらかの問題を持つ人に発症するケースも多いようです。
確かに以前はスポーツ選手や坂道の多い所に住む人に多く発症していましたが、 最近では成長期の若い女性に多く見られるようになっています。

症状としては まず、膝の違和感が発生し 階段を上がる時などには膝がゴリゴリと音を立てるようになります。
そして、変形軟化するために「かに足」のような状態となり 膝に力が入らなくなると同時に痛みを感じます。

膝の痛みや外れたり引っかかる感じがして階段昇降時に症状は悪化、膝蓋骨関節面の磨耗からイスから立ち上がる際に痛みが出たり カクンという音がしたりします。
ひざ小僧の裏にある軟骨が変形したりするのが特徴ですが、この軟骨に栄養が行き届いていない事が原因の一つとしてあげられます。

この膝蓋軟骨軟化症の予防法は、ストレッチで お皿の周辺の筋力を鍛えることです。
膝を曲げたり伸ばしたりすることで軟骨に栄養を行き渡らせる事ができる事から正座することも膝蓋軟骨軟化症の予防には大変良いことなのです。

またサプリメントとしてグルコサミンを飲んだり、サポートとして膝関節テーピングなどを装着することも有効です。

この病気は欧米に多く見られ、 戦前の日本では ほとんど みられませんでした。
それが近年になって激増しているのは「最近の日本人はイスやソファーで生活することが多くなり 正座をする習慣が減ってきたためではないか?」と言われています。
正座もやりすぎは良くありませんし、何事も「ほどほどが一番良い!」という事なのでしょうね。
nankasyo.jpg

膝に水がたまった時に効く民間薬

「膝に水がたまった」というのはよく聞く話です。
膝に水がたまる原因として一番多いのは「変形性膝関節症」なのだそうです。

なぜ膝に水がたまるのか といえば、膝の軟骨が肥満やO脚などの原因で磨り減り、変形した膝の骨が他の骨と擦れて炎症が起こるから。
水がたまると 痛みが出たり膝が曲げにくくなったりする場合が多いようです。

実はこの膝の水を取るのに効果的な民間薬というものがあります。
原材料は唐胡麻(別名:ヒマシ)と彼岸花(別名:曼珠沙華)の根、それを同量用意します。

作り方は、まず唐胡麻は殻を取って中身を潰します。
彼岸花の根は おろし金ですりおろし 唐胡麻と合わせて粘りが出るまで すり鉢ですり混ぜ お団子にしておきます。

使うのは就寝前、作っておいた お団子を布に伸ばし 足の裏一面に貼り 包帯をして寝ます、これを45日続けるとすっかり膝の水が抜けるのだそうです。
彼岸花の根というのは要するに生の球根のことですが、これには毒があるので自分で作る場合は手袋をしたり 食品用のおろし金とは別のものを用意するなどの注意が必要です。

「本当に効くの?」とお疑いの方もおられるでしょうが この薬、民間薬だと言ってバカにすることなかれ。
本当に効果があり、実は漢方薬局で『彼岸花根』という名で販売されています。
値段は500g入りで1500円前後だそうです。

hizamizu.jpg

子供の膝のトラブルが増えている!?

先日放送された明石家さんま司会の情報バラエティー番組「ホンマでっかTV」で、膝関節評論家の戸田佳孝先生が「正座する習慣が減ってきてから 成長期の子供の膝のトラブルが増えてきている」と言っていた。

特に女子中学生に多いのが「アンテリオールニーペイン」という 膝の内側が痛くなってくる病気。

この病気の原因は、足首の柔軟性が低下 → 内股になり 膝を曲げて歩くようになり そこで擦れて膝の内側が痛くなるというもの。

正座をしていた頃の日本人の子供というのは 足首を思い切り曲げるので足首が柔軟で この病気になる子が少なかったのでは との見解でした。

つまり、正座を否定することは間違いだということ。
正座というのは太ももの筋肉を伸ばす効果があり、最高のストレッチだということです。

honma.JPG
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。