uyt.JPG ------------ 000.jpg yokonagakuro.jpg

映画の中の正座シーン

昔「お葬式」という伊丹十三 監督の映画が評判になり、外国でも上映されました。

映画の中で読経中、数人が正座しているシーンがあり 足がしびれて、それぞれ色んな足の崩し方をするのですが、そこへ急に電話が鳴ります。

皆が牽制しあう中、マネージャー役の財津一郎が意を決し 電話に出ようと立ち上がるのですが そこで派手に何度もすっ転ぶ、というコミカルなシーンがあったのですが「日本人は正座が出来る」という外人さんの日本人のイメージが崩れて、大ウケだったそうです。

ちなみに、映画の中で使われている お葬式マニュアルのビデオは「オレたちひょうきん族」というお笑い番組のワンコーナーで使われたコント用に作られた小道具で 、それを伊丹監督が気に入り 映画の中で使ったのだそうです。
正座研究所 参考画像

新婚旅行麻痺

正座による足のしびれは、足が圧迫されて起こります。

しかし、新婚旅行中に新郎が花嫁を長時間腕枕して、上腕の撓骨神経が圧迫されて起こる「新婚旅行麻痺」(ハネムーン・パルスィー)と呼ばれる腕のしびれは正座時の足のしびれよりもはるかに深刻です。

こうしたケースは日本人より欧米人の新婚旅行で多いそうで
通常これらの しびれは一過性のもので、足のしびれ同様 時間が経つと自然に消えてしまうのですが、しびれが数日〜数週間続く重症例が結構あるそうです。
正座研究所 参考画像

足がしびれなかった理由は?

先日、お寺の法要に参座した時のこと。

ジーンズで、しかも 雨が降っていたので傘に自転車という格好で行ってしまったため、膝のやや上あたりが雨で濡れてしまいました。

その部分のジーンズが足に張り付いているような状態で正座をしたので、さぞや足がしびれるだろうと覚悟していたのですが・・・

なぜか その日は 足があまりしびれず、結局 一度も足を崩さずに法要が終わってしまった。

う〜ん・・・なぜだぁぁぁ!?。

関連記事:濡れたジーンズで正座したら足が痺れない?

正座研究所 参考画像

足がしびれた時の「おまじない」

具体的な解決策ではなく、ちょっとした おまじないを3つご紹介。

●右手の中指をペロリとなめて、それを足の裏につける。
●指をぺロッとなめて、眉間にその指をあてる。
●「 木犀 (もくせい)、木犀、木犀、木犀、木犀」と5回 息をつかずに唱え、しびれた箇所を下から上の方に5回なでる。

効果は保証しませんが、ものは試し 一度やってみては?。
正座研究所 参考画像

岡田式静座法とは?

岡田式静座法」というのは、岡田虎次郎によって創始された修養法だそうです。

正しい姿勢によって安定した心を生み出し「心の欲するところに従って矩を超えず」という(私にはチンプンカンプン)境地を目指す座法と言われています。

神経質、対人恐怖症、ひきこもり、などという心の病に効き、肉体の老化をも遠ざける秘伝の術とも言われている。

岡田式静座法は基本的には次のような姿勢で行います。
◆両足を足の裏(土踏まず)の所でX字型に交差し深く組む。
◆腰を立て、背筋を伸ばし真っ直ぐにする。
◆鳩尾(みずおち)を落とし胸と肩の力をゆったりと緩める。
◆両手は深く軽く組んで腹に付け、手の平を下にして膝の上に置く。
◆目は固く閉じて顎を引く。

呼吸法は、静かに息を吐きながら腹に力を入れ 全部吐き切るのではなく20%くらい残す。
腹の力をゆるめ、鼻から入ってくる息を吸う、意識的に吸うのではなく自然にまかせる。

この際、無念無想や精神集中ということを考えず、あるがままに行う。
岡田式静座法は座禅に近いと言われています。

岡田式静坐法の実践―驚異の威力!若がえり!


女性の正座姿は美しい

怒りオヤジ』(木曜 深夜24時12分 テレビ東京にて放送)という深夜に放送されている番組があります。

この番組はそれぞれ問題を抱えつつも一人では脱却できずに 世間からは「ダメ人間」の烙印を押された者達を芸能人が愛のお説教をするという一般応募型 叱られバラエティ番組で、愛の説教は10分×3本の将棋の対局スタイルで繰り広げられます。

アシスタントの及川奈央はメガネをかけ 胸の大きく開いたスーツを着て 正座をし太鼓を叩いているのですが、状況に応じ表情をコロコロ変えたり 時には出演者を睨んだりして良い持ち味をかもし出しています。

そして、なにより正座してる姿が良いです。
足がしびれないのかちょっぴり心配になりますが、女性が背筋を伸ばし 奇麗に正座している姿は凛として とても美しいと思います。
また、真正面の台の上で正座をしているので 膝と膝の間が妙〜に気になったりもします(笑)。

「怒りオヤジ」は2005年4月に放送され、同年6月に終了となりましたが、同年10月に「怒りオヤジ3(さん)」と改め、放送は続いております。

追記:残念ながら2008年7月17日をもって番組は終了したようです。
正座研究所 参考画像

正座する ゆるキャラ「ひこにゃん」

ゆる〜いキャラクターこと「ゆるキャラ」。
全日本ゆるキャラ公式ガイドブック

昨年、最も話題をさらった ゆるキャラは、滋賀県彦根市の「国宝・彦根城築城400年祭」の人気キャラクター「ひこにゃん」。
招き猫をモチーフとし、赤い甲をかぶった2頭身の愛らしさが爆発的な人気を呼びました。

ところが、考案者から使用制限を求める民事調停が起こり、キャラクターには“ご法度”の お家騒動に巻き込まれた。

しかし、これがテレビのニュースに取り上げられたのをきっかけに、皮肉にも人気が全国的に急上昇!
民事調停も円満解決し、7月の「日米修好通商条約締結150周年記念事業」での再登板も決まっており、ひこにゃん人気はまだまだ衰えない模様。

で、何でこんな記事を書いてるのかというと、ひこにゃんの商標は「はねる」「刀を突き上げる」「正座する」の3パターンあるのですが そのうちの“正座する ひこにゃん”の絵が個人的に気に入ってるのです。

正座研究所 参考画像

正座するモアイ

イースター島のモアイを切り出していたと言われる モアイの製作現場 ラノ・ララク。
ここには「世界ふしぎ発見」でも登場した“正座するモアイ”があります。
モアイと言うには丸顔ですが、確かにお尻と足の指がありますね。

ポリネシアにも同様の像があるので、祖先はポリネシアからやって来たのではないかと考えられる根拠の一つになっているそうです。
正座研究所 参考画像

正座でするスポーツ!?

「正座をして する遊び」で思いつくのは なんでしょう。
すごろく・人生ゲームですか?それともトランプ・ウノ?、でもこれらは別に正座をしなくても出来ますね。

正座をしてする遊びと言えばやはり「百人一首」(かるた)でしょう。
百人一首は千年の歴史を越えて今に伝わる和歌を かるた取りとして楽しむ" 雅な遊び "と思われている方が多いかと思います。
ところが、です

あなたは 『競技かるた』なるものを聞いたことがあるでしょうか?。
「競技かるた」というのは 小倉百人一首を用いて 全日本かるた協会が定めた規則に則って行う競技で、年齢層も小学生から高齢者までと幅広く 性別を問わず行われています。

和服で正座が基本なのですが最近はTシャツにジャージという軽装でも行われ、瞬発力・記憶力が必要とされることから痴呆症対策のボケ防止としても取り組まれ、時には打撲や骨折まであるという 百分の一秒のスピードを競り争う 畳上の格闘技ともいえる「スポーツ」なのです。

札を取るときは悠長に腕を伸ばして「はい!」と言って取るのではなく
腕を横に素早く振り抜き「バシーーーン!」という音と共に無言で札を飛ばすのです。
他の札まで風圧で一緒に飛ばされるぐらいの勢いでお互い札を取り合います。

ルールは まず百人一首の100枚の札のうち50枚を お互いに25枚ずつ取り、札を裏返しにしてよく混ぜます。
各25枚ずつの持ち札を自分の陣地の畳に左右87cm以内に3段に並べ、
並べ終わったら15分間の暗記時間が与えられるので 並べた札の位置をしっかりと覚えます。

暗記時間が終了したら相手に一礼、読手に一礼した後 試合が始まります。
競技が始まったらお互いに読まれた札を取り合い、先に持ち札がなくなった方が勝ちになります。

この「競技かるた」、競技者は正座していて足がしびれないのでしょうか?。
実はこれが全くしびれないのだそうな。
正座といっても 競技中は身体を前のめりにして行うため 足がしびれにくく、また競技に集中しているため足が痺れていても" 気がつかない"ことも多いのだそうです。
正座研究所 参考画像

正座でする競技「投扇興」

「投扇興(とうせんきょう)」と、言っても御存知ない方もいるとは思いますが・・・。

投扇興というのは「枕」と呼ばれる箱の上に「蝶」という的を置き、一定の距離から扇を投げて蝶に当て、その落ち方の姿に点数を付け 優雅さを競う遊びです。
正座でする遊び としては最たるものでしょう。

「遊び」と書きましたが投扇興は立派な「競技」でもあります。
何でも起源は江戸中期に とある町人が枕に止まった蝶に扇を投げつけると 扇が枕の上に乗っかってしまい、そこから投扇興が生まれたのだそうです。

投扇興は" 雅な遊び "で貴族など高貴な人の遊びであったと思われていますが、実際は江戸の庶民の間で流行った遊びだったのです。

得点は扇と蝶と枕の位置関係で決まるのですが 投扇興にもいくつかの流派があり、細かなルールや銘定(決まり手)も流派によって違い、正座してる位置から枕までの距離までもが各流派によって全く違うのです。

で、競技中 正座で足が痺れないのか?という疑問ですが・・・。
其扇流の場合、1試合はだいたい5〜6分くらい しかも5投ずつ投げた時点で場所を替えるので 正座している時間はせいぜい2〜3分。
したがって 足がしびれることは無いそうです。

実は、問題は試合ではなく練習に打ち込んでいる時だそうで、100投とか連続で正座したまま投げていると さすがに足がしびれてくるのだそうです。

興味のある方はこちら↓まで
「投扇興研究室」 http://www.tosenkyo.net
正座研究所 参考画像

女性のあぐらについて

先日 ネットで検索してると、とあるHPの掲示板の書き込みが目につきました。
内容は「最近結婚したのですが、嫁が家の中で床に座る時や食事・化粧の時など ずっと胡座(あぐら)をしていて それを見るたびに げんなりしてしまう」というもの。

この書き込みに対するレスは大別して下記の通り。
(ちなみに朱字は私の個人的な感想です。)

胡座は体には一番良い座り方で健康にも良いから別にいいのでは?
背中を丸めた胡座だと 腰に負担が掛かり腰痛も元になります。
私は妊娠すると胡座をかくようにと言われましたよ。
これは骨盤を開き股関節を柔らかくして出産を楽にするためですね、ただし骨盤を開きすぎると流産しやすくなるとも言われています。
胡座は本来女性がするものではない。
これは歴史的に江戸時代に胡座や立て膝は 女郎しかしない座り方だったからですね。
イギリスでは女性も胡座ですよ。
正座は 海外の女性には馴染みがなくキツい座り方ですからね。
胡座は見栄え悪いが骨盤の歪みを防止するのには一番いい姿勢だ。
背筋を伸ばした姿勢での胡座ならばその通りでしょう。
しかし、その状態を維持するのは意識していても難しいです。

食事中くらい正座させたらどうですか?
私もそう思います。
椅子での生活様式に変えたらいいのでは?
根本的な解決策ですね。
なぜ、女性は胡座をかいてはいけないのでしょう?
歴史的な意味もありますが、女性の胡座姿は見栄えが悪く不細工に見えるからです。

全体的に女性に擁護派が多く「同じ人間、楽だったら胡座でも何でもやりますよ」という意見が多かったです。
でも男と女では身体の構造は勿論 精神構造までが全く違う生き物なので 「同じ人間だから」 という考え方はあてはまらない思いますけどね(笑)。

日本人は古来から女性の立ち振る舞いに "美" を求めました。
「女は 女に生まれるのではなく、女になるのだ」と言われるのは、キチンと正義作法を学び 女性としてのたしなみを身につけて初めて" 女性 "と言えるのだ という考え方が根底にあるからです。

年輩の女性で すっかり女を捨て、オジさん化してしまっている人もいますからね。
agura2.jpg

YOSHIKI は正座の達人!?

先日「サタスペ! 特捜!まさかのルール」というTV番組を見ていたらX JAPANのYOSHIKIが出演していて 
へぇ〜YOSHIKIって最近はバラエティにも出るんだぁ、と思い ついつい見てしまいました。

この番組は世の中のさまざまな驚きの「ルール」の数々を紹介するというもので 番組自体は面白く、中でも登山家の野口健のエベレストでは熟睡すると死の危険があるので2時間おきに目を覚まさないといけない、という話などはとても興味深かったです。

そして、そのYOSHIKIの話でとても興味深い発言が・・・
それは例の『相撲協会の土足騒動』のことについて話している時のこと
「自分は呉服屋の息子で畳に土足で上がる訳がない」と話し 「自分は子供の頃から正座をしていて、高校の頃 不良だったので先生に罰として正座をさせれられたこともあったが 自分は2〜3時間正座していても平気、 正座の達人です!」と言っていました。

ファンの方なら承知のことなんでしょうが 自分は知らなかったので、YOSHIKIの実家が呉服屋というのはビックリ
また「正座の達人」というのも本当に以外でした。
いくら子供の頃から正座に慣れているとはいえ、2〜3時間正座していても平気な人って 本当にいるんですねぇ〜。

yosiki.JPG

正座の深イイ話

先日、島田紳助 司会のTV番組「1分間の深イイ話」の中で平成の新選組リアン(紳助の発案で京都を活性化しようと2518人の応募者の中から選抜した5人の男子学生で構成されたグループ)の森公平という男の子がこんな話をしておりました。

京都の大覚寺で11名の候補者達を集めて行われた 新撰組の最終選考会でのこと。
この合宿で候補者達が一番大変だったのが 早朝5時半からの朝のおつとめ
精神修行のため約1時間 正座をするんですが、普段の生活の中で正座などしたことがないために1時間後には皆立ち上がることが出来ないほど 足がしびれてしまいました。

合宿2日目のおつとめ、この日は途中でお坊さんが「足を崩してもいいですよ」と声をかけてくれました。
次々と足を崩す候補者達の中で 何故か森だけが正座をやめませんでした。
森が正座を続けた理由とは・・・?

森曰く「僕はお坊さんに言われた" あの言葉 "に感動したんです。」
実は前日、足の痛みに苦しんでいる候補者達にお坊さんが こんな話をしていたのです。
「" 正座をさせられた "と思うから辛いんです" させていただいている "と思いなさい。そして足が痛いからこそ立ったときの喜びを感じるのです。」
森はこの言葉を素直に受け止め その思いで正座をして、実際に立ち上がった時 本当に痛みより喜びが湧き上がってきたのです。

とてもイイ話ですね。

mori.jpg

保冷剤を使った正座の実験

肩コリは辛いですよね。
しかし、その コッた肩を手で揉みほぐし コリが楽になった途端、今度は別の場所がコっていることに気が付く、こんな経験ありませんか?

まるでコリが移動したように錯覚しますが、これは人の身体は一番痛い部分だけを痛みとして知覚し、2番目3番目の痛みは感じにくくなるようになっているからです。

そこで、このことを正座に利用出来るんじゃないかと思いつきました。
つまり、足の痛みよりも強い痛みを別の場所に与えることによって 足の痛みを忘れさせるのです。

まあ痛みといっても本当の痛みだと危ないし意味がないので「痛み」ではなく「刺激」にします。
この刺激というは温度による刺激です。
刺激する場所は足とは一番遠い場所の「頭」にしました。
頭寒足熱ということで頭を温めるのは良くないので、温度による刺激は「冷却」に。

そこでまず、最初に思いついたのは冷却シート「冷えピタ」。
で、早速実験です!。
額に冷えピタを貼り、正座スタート。

おお、額がスースーする!・・・あ、でも普通に足が痺れてきたぞ・・・あれ、額の刺激が弱すぎて全然効果が無いぞ・・・あれ、あれ、あ 足がぁぁぁ〜・・・。

という訳で、冷却シートでは刺激が弱すぎて効果が無かったので、今度は「保冷剤」を使ってみることに。

冷凍庫でカチカチに凍った保冷剤を額に当て、ズレないようにヘアバンドで押さえます。
で、正座をし足がしびれ始めた頃を見計らって再び実験開始!

おお〜、額が冷たい!冷たすぎるぅぅ〜・・・あ、でも普通に足が痺れてきたぞ・・・あれ、額の刺激は凄いけど全然効果が無いぞ・・・あれ、あれ、あ 足がぁぁぁ〜・・・。

という訳で全く効果は感じらず実験は失敗に終わってしまいました・・・・残念!
horeizai.jpg

使い捨てカイロを使った正座の実験

先日書いた記事『正座のしびれをなんとかした〜い』で、しびれが起こる原因が膝裏と足の甲であるとご紹介しましたが・・それではもし その部分を温め血流を強制的の良くしたら、正座しても足しびれは起きないのでは?と思い立ち、早速 実験してみることに。

まず、膝裏と足の甲に使い捨てカイロをペタリと貼り付けた状態で正座をします。
う〜ん 何かちょっと違和感というか 変な感じ・・・。
しかも あまり・・というか全くカイロの温かさは感じられません。
そして、20分を過ぎる頃から 徐々に足がしびれてきます。

あれ、普通に足が痺れてきたぞ・・・あれ、カイロの熱が弱すぎて全然効果が無いぞ・・・あれ、あれ、あ 足がぁぁぁ〜・・・。
という訳で実験失敗。

あれ〜おかしいなぁ、この使い捨てカイロ 随分温度が低いぞぉ・・・と思ったら これは「貼るタイプ」の使い捨てカイロ。
まさか これは・・ひょっとして・・・・。
そう、使い捨てカイロには「貼るタイプ」と「貼らないタイプ」があり、貼るタイプの方が設定温度が低いのです。(低温火傷 防止のためらしい)

そこで、仕方なく薬局まで行き 貼らないタイプの使い捨てカイロを購入。
今度は事前にカイロを揉んでおいて かなり温度の上がった状態のカイロを左右の膝裏と足の甲にガムテープで貼り付けます。
よし、これで再び実験開始!

今度は膝裏と足の甲が暖かく感じます、おお〜これならいけるかも。
で、20分を過ぎる頃・・・あ、でも普通に足が痺れてきたぞ・・・あれ、カイロは凄く温かいけど全然効果が無いぞ・・・あれ、あれ、あ 足がぁぁぁ〜・・・。

という訳で全く効果は感じらず今度の実験も失敗に終わってしまいました・・・・残念!
kairo.jpg

正座でするバラエティ番組

ペケポン川柳」というのは人気バラエティ番組『ペケポン』のワンコーナーで、司会は くりいむしちゅーの上田晋也。
川柳や俳句コンテストで入選した作品の 上の句を聞いて 下の句を当てるクイズ企画で、有田哲平 ・タカ&トシ・柳原可奈子の4人がチームを組み ゲストチームと対決をします。

回答者のレギュラー陣とゲストは皆 " 座布団に正座 "という姿勢で問題を解くのですが、よく見ると お尻に小さい正座椅子を置いていたりして皆さん工夫をしているようです。

ゲストで出演していた伊集院光も勿論 正座をしていたのですが、太っている人にとっては正座はかなりキツいので 絶対に座椅子をしているだろう と思っていたのですが、ツイッターに書かれた つぶやきによると、普通に正座をしていて「これも円楽師匠の長いお説教のおかげ」と書いていた。
そういえば伊集院光は元噺家で円楽師匠の弟子だったんでしたね、でも偉いなぁ〜。

私の知る限り・・ですが、正座の途中であぐらをかいたのは レギュラー陣ではタカとトシ、ゲストでは 毒蝮三太夫、やくみつる、勝俣州和の計5人。

また、女性ゲストで正座をしなかったのは田嶋陽子ただ1人だけ・・らしい。
何でも2回目のゲスト出演時に、皆が正座をしている中 1人だけ足を伸ばして座布団に座っていたそうな。
司会の上田に注意されると「前回ずっと正座してたら、その後2週間 腰痛になった」という言い訳をし「だったら もう来なきゃいいのに!」とツッコまれたそうです。

しかし「正座したら腰痛になった」なんて話 今まで聞いたことが ありません。
正座が嫌で嘘をついたのか 腰痛を正座のせいにしたのかは知りませんが、テレビの番組収録中に、しかも女性が、座布団に足を伸ばして座るなんて みっともないこと 日本人ならは絶対にしないものですが ねぇ〜・・・(笑)。
pekepon.jpg

座面や背もたれのない携帯椅子「チェアレス」

先日、テレビ番組でちょっと面白い携帯椅子が紹介されていました。
その名も「チェアレス(直訳すれば「椅子無し」ですかね・・)

このチェアレスはスイスの家具メーカーのヴィトラ社の新作。
何でもパラグアイの先住民アヨレオ族の生活習慣から着想を得て生まれた商品で、座るためのツールなのだそうです。

地べたに座る時に 背を丸め膝をかかえたり、壁にもたれたりせずに楽な姿勢を保て、軽くて小さく折りたためるので持ち運びにも便利!というのが売り文句。
要するに、外で弁当を食べたり本を読んだりするガテン系やアウトドア派の人達向けの商品です。

発売と同時に「手軽に持ち運べる」と、バックパッカー達の間でたちまち大ヒットし、ヨーロッパでは" 椅子を超えた椅子 "と呼ばれているらしい。

このチェアレス、長さ85cm幅5cmの紐状のループベルトで 輪の中に身体を入れることによって紐の張力で背中と膝がストラップで固定され楽に座る姿勢をキープすることが出来る というグッズです。

興味があったのでネットで調べてみたところ、このチェアレスを買った人の感想が載っているサイトがあり それによると届いた商品はただのヒモ 広げると ただの輪っかだったそうです。

取扱説明書もなく 長さが調節が出来るのかと思ったらそれも無し、 引越しとかで使う荷物固定用の紐素材とほとんど同じ物。
つまり近所のホームセンターで幅5cmほどの荷物用のヒモを買って来て適当な長さに切り 円になるように縫えば この商品と同じ物が出来上がる ということ。

アイデア自体は面白いのですが、せめて長さ調節くらいの機能は付けて欲しいですね。
ちなみに、このチェアレス 購入すると売上げの一部がアヨレオ族をサポートする非営利団体へ寄付されるそうです。

resu.jpg

ヒートテックだと足はしびれない?

ユニクロのヒートテックを履いて正座をすれば足がしびれにくくなるのでは?
と思い立ち下半身を温める「足の冷えない不思議な靴下」と「ヒートテック(タイツ)」を購入。

足の冷えない不思議な靴下は勿論 温かかったのですが、ヒートテックは・・・
何だ、冷たいぞ!?
何故か はいたその時から足が冷たい、しばらくしたら収まるかと思っていたら、ず〜と冷たいまま。
まさか と思い何度か試してみたが何度はいても冷たいまんま。

「何やねんこれ!?」と思ってネットで調べてみたところ、このヒートテックというのは 着たり履いたりして暖かくなる訳ではなく、動いて汗をかいて その水分で素材が発熱し暖かく感じるものなのだそうです。
下半身は上半身ほど汗をかかないので発熱しない、つまり暖かくない という訳です。

仕方なく代わりにフリースのパンツを二重にはき 足の冷えない不思議な靴下をして正座をしてみたところ確かに最初は非常に楽に正座が出来るのですが段々と足がしびれてきて、結局 足がしびれるのが多少遅くなっただけで効果は感じられませんでした。

結局、下半身を温めた状態で正座をしても足はしびれてしまうのだということが分かりました、残念!
yuni.jpg

ハゲから復活したNさんの育毛法

正座は足の血流を一時的に止めることで下肢の血流を良くする効果があります。

足のしびれがその証拠なのですが、このように身体の一部位の血流を一時的に遮断することで その部位の血行が良くなるのです。(これを利用したのが加圧トレーニング

ですから薄毛の人は頭部をキツイ帽子をかぶるなどして一時的に頭部の血流を遮断し その後 開放すれば、頭部の血行が良くなり薄毛改善に効果があるのでは?・・・な〜んてずっと思っていました。

実は 私の知り合いに薄毛から復活した Nさんという男性がいるのです。
Nさんは現在 43歳で髪はフサフサですが・・・実は30代後半から髪が徐々に薄くなってきたのだそう。

何でも祖父も父親もハゲており原因は遺伝と分かっていたものの どうしてもハゲるのが嫌で、かなり色んな方法を試したそうです。

薄毛から復活した育毛方法を聞くと、そのきっかけはプロペシアだったそう。
このプロペシアというのはアメリカ製の医薬品で男性型脱毛症(AGA)に効果があるというもの。

もっとも Nさんの場合 プロペシアは全く効果が無かったそうで、その後 同じくアメリカ製の育毛医薬品ミノキシジルタブレットを服用したのですが これが非常に効果があり 3ヵ月くらいで髪が生えてきたそうです!

半年ほどで髪はフサフサになったのだそうですが、残念ながら「多毛症」という身体中の体毛が濃くなる副作用が出てしまい 泣く泣く服用をあきらめたのだとか。
現在 Nさんは「ヘアマックス」というレーザー育毛ブラシを使って髪を維持しているのだそうです。

参考サイト : 生え際M字ハゲに効く!究極対至高の育毛対決の結末は!?
↑ 美味しんぼのコラ漫画が笑えます。
fusafusa.jpg

ブログを引っ越しします!

ブログに引っ越すことになりましたのでヨロシクです。

引越し先はこちら → 正座の奥義研究所

運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。