uyt.JPG ------------ 000.jpg yokonagakuro.jpg

正座と胡座

正座をして足がしびれてしまった経験は、皆さんあると思います。
正座がきつくて、胡座(あぐら)をかくことも男性ならよくあることです。

ところが、胡座は足は楽でも腰への負担が大きい座り方なのです。
また、女性に多い横座りは骨盤をゆがませる原因になります。

「胡座」と「正座」、どちらが腰に良いかと言えば それは正座です。
以外に思われるかもしれませんが胡座は腰痛の原因の一つと言われているのです。

でも正座をすると足がしびれてしまうんですよね〜
何とかなりませんかねホントに・・・。

一つの方法として正座→胡座→横座りを5分おきに繰り返す、というやり方もあります。

要は同じ姿勢をずっとしていることが良くないのですし、5分くらいなら正座もそれほど負担にならないし足も痺れないのではないでしょうか。
正座研究所 参考画像

正座のしびれは神経の・・・

正座をして足がしびれるのは足の筋が硬いからだそうで、体が硬い人は足の筋も硬く、それで血行が悪くなるのです。

つまり体の軟らかい人は正座しても筋が軟らかいため血行が良くしびれが少ないのだそうです。
また太っていて体重が重い人は痩せてる人よりもしびれます。

よく「体が硬い」と言いますが、これは筋肉や筋が硬いのではなく硬くしているのは神経で、神経がブレーキを掛けているのです。

子供の時にスポーツや運動をしないで家でゴロゴロしていると身体が硬くなってしまうのだそうです。

しびれを少なくするには体重を軽くすることとストレッチ運動で足首の筋を柔らかくする事です。
正座研究所 参考画像

足がしびれやすい人

背筋・腿の裏表・脛(すね)とふくらはぎ・足首周りの筋肉が硬い人は足がしびれやすいのだそうです。

友人Yは正座そのものができませんでしたが、上記の筋肉を毎日のストレッチで伸び縮みできるように柔らかくしたら、正座が楽にできるようになったと言っておりました。

ストレッチなどで身体を柔らかくしたことで血の巡りも良くなり、足が痺れにくくなったのだと思われます。

実際、自分も冷え性で足の血行が悪いので足が痺れやすいのでしょうね。
(自分は特に身体も硬いのです。)

ちなみにストレッチの場合はゆっくりと伸ばす運動が良いので、一瞬だけグッと伸ばすのではなく ゆっくりと時間をかけて身体を伸ばしましょう。

出来ればお風呂上がりで体が柔らかく温まっている状態で5〜15分ほどするのが一番良いそうです。
正座研究所 参考画像

足がしびれたらコチョコチョと

知人から聞いた話なのですが・・・。

昔 何かのテレビ番組で、正座で足がしびれた時の対処法として
「くすぐると早くしびれがなくなる」と紹介していたそうです。

確かに刺激を与えると良いということは聞いたことがあるのですが
くすぐるという行為が痺れを回避する効果があるとは信じがたい。

まあ人によっては効果があるかもしれないので一度お試しを。
勿論、効果は保証しませんが・・・。
正座研究所 参考画像

正座の基本

腰痛持ちの人は胡座(あぐら)を かくより正座でいるほうが楽なのだそうです。

また、美しい姿で正座をするにはけっこう体力を使うそうで 背筋や腹筋を駆使しないと背筋がうまく伸びないのだそうです。

足の裏をきっちり揃えてかかとの上に尻を乗せ、それから背筋をのばして肺をふくらませたまま 肺の位置を高く保つ。
これ、正座の基本だそうです。

考えてみれば剣道、空手、柔道、合気道など日本武道や茶道、華道等の日本文化は、まず 正しい正座が基本になります。

昔の日本人の生活には正座が基本にありました。
伝統的な芸能の世界では「技」や「芸」の基本はきちんと正座が座れることにあり 上達してくると「座り方が変わってくる」とまで言われました。

正座は日本人の日常生活の中での基本的な座り方であったのです。

seza.jpg

座布団の正しい座り方

座布団に表と裏があることを御存知でしょうか?。
さらには前後もあり どちらが前かも決まっているのです。

座布団は4辺のうち1辺だけ縫い目がありません、そこを「輪」と呼び その部分が正面になるのです。
また、座布団の中心に縫い付けられている糸の房があるほうが、座布団の表です。
したがって房のある方を上に、さらに座布団を敷いたときに輪が膝前にくるようにします。

座布団に座る時は足で踏まないように膝から座布団に入るようにし、座布団から降りる際も足で踏まないように注意してください。
ちなみに、和室に通された時は 改めて正式な挨拶をするのですが、挨拶は座布団に座る前か すでに座布団に座っている場合は座布団を外して行います。

一般的に座布団に座ると足がしびれにくくなると思われていますが、柔らかいフカフカの高級座布団などはかえって足がしびれてしまうのだそうです。
正座研究所 参考画像

倚座と平座

椅子に腰掛ける座法を「倚座(いざ) 」と呼び、これは古代から高貴な人の座法の一つです。
一方、床に座る座法を「平座(ひらざ) 」といい下記のような座り方に分けられます。

◆尻を床につけ、両足を曲げ足を両手で抱えて座る。(体育座り)
◆尻を床につけ、両足を前に伸ばし座る。
◆尻を床につけ、足を交差させて座る。(胡座)
◆尻を床につけ、股関節を開いたまま両方の足裏を合わせて座る。
◆足をそろえて折りお尻の下に踵がくる、いわゆる正座。
◆正座の状態から両足を左右に開き、尻を床につけて座る。(割座)
◆正座の状態から両足をそろえて左右どちらかに崩して座る。(横座り)
◆片足はお尻の上に折って座り、もう片方の足の膝は立てて座る。(片膝立ち)

これらの他にも特殊な座り方がありますが 外国人から見て不思議な座り方は、腰は降ろすが尻が床に着かない「しゃがみ」でしょう。
足を開くしゃがみは「ウンコ座り」「ヤンキー座り」などとも呼ばれ あまり良い印象のない座り方ですが、日本人には和式便所でなじみもあり鍛えられてもいます。

正座研究所 参考画像

正座とストレスの関係性

昨今、テレビや新聞で猟奇犯罪や通り魔殺人といった事件の類を見ない日はありません。
「ムシャクシャして」「ついカッとなって」という犯行理由をよく耳にします。
では、なぜ日本人が このような状況に陥っているのか。
昔の日本人は世界的に見てもかなり我慢強く辛抱強い民族だったはず・・・。

様々な要因があるのでしょうが、その一つに戦後 西洋の生活様式が入り込み 日本人古来の生活様式が廃れてきていることを挙げる専門家がいます。
その最たるものが『正座』です。
戦後、数十年 洋風化の洗礼を受け 日本の家庭の中から和室が減り 正座の習慣もほとんど消えてしまいました。

ところが、正座というのは日本人が昔から重視してきた「下腹」に力を落とす、ということにつながっているのです。
そもそも、西洋人とアジア人(日本人)では身体の重心の場所が違います。
日本人は肩の力が抜け 腰に力が入る正三角形▲を理想の形としていますが、西洋人は重心を肩や胸に置いた逆三角形▼が理想の身体なのです。

日本人は身体の重心が低いため、正座や胡坐を組むと安定した状態になりますが、西洋人は重心が高いので椅子に座ることで身体が安定するのです。
日本人が椅子に座ると腰が抜け 腹に力が集まらなくなり、首や肩に余計な力が集まり腰痛や肩こりなどの原因になります。
日本人は腹に力を落とすと心が落ち着き、足が地に付いている感覚を覚えます。

しかし、腹が据わっていないと胸で呼吸をすることになり 胸呼吸だと呼吸が浅くなります。
そして、浅い呼吸を繰り返しているとストレスがたまり、息を体の中に入れたくなり・・・「キレる」のです。 

今の日本人の若者が不格好に地べたにへたり込んでしまう原因も 正座によって作られる正しい姿勢が欠如しているから かもしれませんね。
正座研究所 参考画像 

成り上がりと正座

もし、あなたが将来 成り上がって偉くなり 大金持ちになったとしたら、どんな家を買いますか?。
一戸建てでしょうか、それとも高級マンションですか?

一代で財を成した、いわゆる「成金」といわれる人達は皆一様に 洋風の家を建てたがります。
それはテレビなどで放送される芸能人の豪邸などを見れば分るでしょう。

しかし、本物の「由緒正しい大金持ち」や「超一流の芸能人」というのは どういう訳か皆 日本家屋に住みたがります。

歌舞伎や能、日本舞踊や茶道 華道の世界だけでなく、任侠の世界でも 偉くなればなるほど「和」にこだわり、大親分などは皆 日本庭園のある大きな屋敷に住んでいますし、政治の世界でも一番高級な会食といえば中華でもイタ飯でもなく日本の高級料亭なのです。

日本家屋も高級料亭も当然のことながら座布団に正座です。
訪問先が和室の場合は、挨拶後に「お楽に」とすすめられてから足を崩しますが 重要な話の時には正座に座り直します。
会食なら乾杯が終わるまでは正座をするのがマナーです。
主人や主賓でもないかぎり 勝手に足を崩すことなど もってのほかです。

「お楽に」と声がかからない場合には、先方に失礼を詫びる言葉をかけてから足を崩すのですが、特に相手が かなり目上の方の場合は我慢したほうが無難です。
「正座が出来ない」なんて言う人はそういう場には2度と呼ばれないかもしれません。

将来そういう世界の人達と付き合いたいと思っている人は今のうちに正座に慣れておいた方が良いと思いますよ。
正座研究所 参考画像

姿勢を正しくするとは

これは知人から聞いた話なのですが・・・。
修学旅行で京都の大仙院に行った時、住職から「姿勢を正しくする」ということについて、こんな話↓をしてくれたそうです。

『えー皆さんは普段正座をしてますか?、正しい姿勢をしていらっしゃいますか?姿勢を正しくするというのは背筋を伸ばして奇麗な姿勢をすることです。正座でも胡座でもそれは全く同じ。頭のてっぺんに貯金箱のようにお金を入れる穴があると思って下さい。そこに硬貨を入れると お尻からチャリンと落ちるように背筋を真っ直ぐに伸ばすということです。お金を入れても缶ジュースの出ない自動販売機が たまにありますね。これと同じように姿勢が悪いと心が不安定で人の話を聞くことも出来ないし、正しい考えも浮かんできません。』

さて、あなたは今 頭のてっぺんから硬貨を入れたらお尻から落ちるように立っていますか?。
疲れるからと すぐ壁に寄りかかってはいませんか?、猫背になってはいませんか?、ヤンキー座りや地べたに直接座ってはいませんか?。

「姿勢を正す」ということは品位を保ちマナーを守るだけでなく健康にも直結しているのです。
腰痛や肩凝りというのは日常の姿勢や体の使い方、動かし方の影響を大きく受けています。
歩いたり座ったり、また仕事や娯楽での身体の動きが正しく行われぬことで 組織の損傷や変形による体の老化がより早く進むことが分かっています。

姿勢を正しくすると正しい筋肉バランスになり内臓が正しい位置にもどります、すると身体の血行が良くなり肌や内臓の調子が良くなり肌や内臓の調子が良くなるのです。
つまり、美しい姿勢を続けることによって健康な身体にもなるということです。
正座研究所 参考画像

正座が出来ない日本人って…

時々「お里が知れる」と言う言葉を聞きますが、あなたはどんな行為を見た時に「お里が知れる」と思いますか?。

意味分からない人に説明すると"お里"とは、その人が育った家庭や環境のことを指します。
言葉遣いや動作などから、その人の育ちや経歴がばれる、本性が曝け出される、育ちが悪いという意味。

どんなに上品に振舞い、豪華で奇麗なものを身につけていても、付け焼刃では、話し方などで その人の育ち環境がわかってしまう、ということです。
これらは常識のことが普通に出来ない、きちんと躾られていない、まともな親に育てられていない、という親の恥になります。

具体的に言うと「ペチャクチャ音をさせながら食べる」「足を組んだまま食事をする」「人を指差して会話する」「貧乏揺すりをする」「挨拶ができない」等々。

私は箸の持ち方が変で不格好な人を見るとそう思います。
また、こういうことは主に公式の場や和室での行儀に現れることが多いように思われます。

そういう意味から正座が出来ない、正座姿が不細工という人は「お里が知れる」と思われてしまうかもしれませんね。

特に日本人が海外などで「私は正座が苦手」などと言おうものなら
え!日本人なのに正座が出来ないの!?』と驚かれます。
日本で言うなら「野球のルールを知らないアメリカ人」のようなもの。

正座は日本の文化であることを忘れずに。
正座研究所 参考画像

正座に関する特許と実用新案

「特許」と「実用新案」は原則として出願されてから1年6ヶ月経過した時点で一般に公開される ということを皆さんは御存知でしょうか?

公開広報には 出願書類に書かれた内容がそのまま記載されるので、誰がどんな発明で特許出願をしたのか全て分かるシステムになっています。

と言っても特許出願の多くは審査が済んでいない状態なので(実用新案は4ヶ月程で権利が成立するが、特許は審査請求し登録が認められるまでに2〜3年程かかる)この段階では将来的に特許が認められるかどうかは まだ確定していません。

つまり「とても認められそうもない発明」の出願も全て公開されるのです。
そこで、正座に関する特許・実用新案 を見てみようと思い立ち 早速調べてみることに・・・。

特許の内容を見るには、まずは「特許電子図書館」のトップページ(下記参照)を開きます。
そして「初心者向け検索」をクリック→「特許・実用新案を検索する」をクリック。
次に現れたページの検索入力覧に「正座」と書き込み いざ検索!

すると正座に関する特許・実用新案の総登録件数が表示され(今現在367件)
さらに「一覧表示」のボタンを押すと それらが上から順にズラリと表示されます。
ただし、書類に書かれた説明文に「正座」という単語があるものは 全てみな表示されてしまうので、そのうち正座椅子や正座補助具に関する物はその中で90件ほど。

後は気になるタイトルを選択すれば表示されます。
もっと詳しく見たい場合は 下の方にある「表示中の特許の簡易表示画面を表示する」をクリック。

私は気になった物は皆 見てみたのですが、いや〜これが なかなか面白かった。
中には「オイオイ、これはないだろ!」「う〜ん構造がさっぱり分からん?」「図が下手すぎだろ〜!」と突っ込みを入れたくなるような物もありましたが、皆さん色々考えますねぇ〜。

実際に効果があるかどうかは別にして、すっかり感心してしまいました。
tkyo.jpg

画期的な正座椅子を大発明!でも…

もし、私が「画期的な正座椅子」を発明した、と仮定します。
そして、その商品の特許を取ろうとした場合 はたして それは認可されるでしょうか?

結論から言えば、まず難しいでしょう。
そもそも「特許」というのは特許法により保護される" 発明 "のことを指し、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうちの高度なもの」と定義されています。

「正座椅子」自体は取り立てて" 新しい物 "ではありませんから、よっぽど今までないような新しい構造のものでなければ認められることは難しいのです。
(2003年以降 特許を認められた正座椅子は皆無。)

一方、「実用新案」なら無審査で登録されるので これならば十分に登録が可能です。
ただし、特許や実用新案の申請 権利を取得・維持する際には多額の費用がかかります。
3年分の登録料の目安は下記の通り。
◆全て自分でやる場合 「特許」 22万円弱  「実用新案」8万円程度  
◆弁理士に頼む場合 「特許」 43万円〜78万円 「実用新案」 23万〜63万円  

実用新案登録し それを企業に売り込んでも この不景気です、それだけで相手にしてくれる会社は少ないでしょう。
よっぽど" 売れる "という前提がないと ほとんどの企業は尻込みすると思われます。

自分が実用新案登録した物が 勝手に他社に商品化されてしまった場合でも、特許庁に「実用新案技術評価書」を作成してもらい、侵害している会社にそれを提出し 警告をした後でないと権利行使をすることが出来ません。

続きを読む

正座に関する商標登録と意匠登録

以前に『正座に関する特許と実用新案』『画期的な正座椅子を大発明!でも…』いう記事を書きましたが、特許庁が管理するものには「特許」「実用新案」の他にあと2つ「商標登録」と「意匠登録」というものがあります。

商標というのは例えば、ナイキのロゴや お菓子などの商品名(書体デザインも)のことで、自分で考えた商品名やロゴマークを商標登録をすれば、他の企業に勝手に使われるのことを防ぐことが出来るのです。
勿論、出願したもの全てが許可される訳ではありせん。
トリノ冬季五輪直後、複数の企業が「イナバウアー」の商標登録を出願しましたが認められませんでした。

ちなみに、正座に関する商標登録は今現在「らくらく正座」「正座丸」「正座らっくん」の3件だけです。

意匠というのは、物品あるいはその部分の形状・模様・色彩に関するデザインのことです。
例えば、「正座椅子」「バイク」「自動車」「腕時計」等の物品の全体又は一部のデザインが該当します。
そして、そのデザインの模倣行為を排除する権利のことを「意匠権」といいます。

意匠登録を受けて意匠権者になれば、日本国内で登録意匠と同一・類似の意匠を独占的に実施(製造や販売など)することができます。
また、他人が無断でそれらを製造 販売した場合は、差し止めや損害賠償を請求することが出来ます。

ちなみに、正座椅子や正座補助椅子など" 正座 "と名の付いた製品の意匠は今現在37件登録されています。
isyou.jpg

保育士は仕事中 必ず正座!?

突然ですが、クイズです!

保育園では保育士の人達に「子供達と一緒にいる 仕事中 座る時には 必ず正座をするように」と指導を受けているそうです。
それは何故か?、その目的は?

チッチッチッ・・・・・ブ〜〜。


答えは
" 園児が保育士の足につまずかないようにするため " です。

活発で元気な子供達は絶えず走ったり体を動かしながら遊んでいるので、その中で保育士が体育座りや横座りなどの座り方をしていると、その足に子供がぶつかったり 引っかかって転倒 怪我をする危険があるために子供の安全を考えて、保育園で保育士が座るときには必ず正座するように と指導されているのだそうです。
hoikusi.jpg

正座で話すと嘘をつきにくい!?

先日放送された、明石家さんま司会の情報バラエティ番組「ホンマでっか!?TV」で心理評論家の植木理恵が『正座で話すと嘘をつきにくい』という説を解説していました。

まず、その前提として『足を止めたまま嘘をつくのは難しい』というのがあり、これは実験でも証明されているそうです。
何故「足」かというと、人は相手の目を見ながらでも平気で嘘をつけるのだそうで 目や口・表情や手でも嘘はつけ、これは子供から高齢者まで皆 共通なのだそう。

顔の表情や手というのは感情が表れやすい ということが意識にあるので 嘘をつくときには それらを上手に隠そうとするのですが、その分「下半身は甘くなる」と言われています。

相手が嘘を言っているのか本当のことを言っているのかを見破る時に、心理学者は足の動きを見るそうです。
嘘を言っている時の足の動きというのは 足の組み替えが早かったり貧乏ゆすり をはじめたりとか 普段ならしないような動きをするのだそう。

だから 目を見て「本当のことを言いなさい!」と言うより、足を動かないように止めさせて「本当のことを言いなさい!」と言った方がいいということ。
つまり、一番良いのは 相手に正座をさせて「本当のことを言いなさい!」と言うことです。
これは下半身を固定すると嘘がつきずらくなるからです。

昔は親が子供を叱ったり詰問する時などには 普通に正座をさせていたのは 理にかなっていた ということですね。
uso.jpg
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。