uyt.JPG ------------ 000.jpg yokonagakuro.jpg

オナラを我慢しなくてもいいグッズ

正座をしなくてはいけない場面というのは公式の場などが多く、とてもオナラなどが出来るような状況ではありません。
しかし オナラを我慢すると体に悪い、というのはよく聞く話です。
では、オナラを我慢すると体の中では一体どうなるのでしょう?

一般的に 腸内で発生したガスを我慢すると オナラは腸に吸収され、その成分を吸収した血液が体内を循環し 皮膚や口から体臭や口臭となって排出される と言われています。
その他にも オナラが腸に溜まりすぎると強烈な腹痛を起こしたり 免疫低下を引き起こしたりする場合もあるそうです。

まあ、昔から偉い学者の言うことはあまりアテにはなりませんが ・・・話半分としてもオナラを我慢するのは身体には良くない ということは言えるでしょう。
と 言っても葬儀や法要あるいは茶席などの密閉されている空間で周りを気にせず 平気でオナラをする訳にもいきません。
そこで、ご紹介したいのが「おならパンツ」です。

この「おならパンツ」というのは オナラの臭いを消臭するパンツの通称で正式には「アクティ消臭パンツ」と言います。
このパンツは繊維に練りこんだセラミックパウダーがオナラの臭いをすばやく吸着、金属イオンが成分を分解 臭いを消してくれます。
この商品、オナラの他にも加齢臭や汗臭・排泄臭など あらゆる臭いに有効で、200回程度は繰り返し洗濯しても効果が続くのだそうです。


また、オナラばかりか便まで無臭化するという 飲むタイプの強力消臭剤「シューナックス 」という商品もあります。
消臭サプリ シューナックスの特徴は、香り成分を混ぜることで臭いを感じにくくさせる中和消臭と、臭い成分を化学反応させて別の臭わない物質に変化させる化学消臭のダブル消臭作用があります。

上記の商品は元々は介護用に開発された物だそうで、世界で一番 臭いに敏感だと言われている日本人ならではの商品ではないでしょうか。
ちなみに 私はオナラが臭うのは宿便が溜まっているからだ、という話を聞いてから自分のオナラが臭うようになると 数日間ずっとヨーグルトと寒天とフルーツの缶詰を一緒に食べるようにしております。
onara.jpg

腰運動のできる正座補助器

ネットでちょっと面白い正座補助具を見つけたので ご紹介。
その名も「フラ正座器」!

これは ひざの痛みが強い人でも楽に座れて、足腰に負担なく上体を左右に揺らすことができ フラダンスを踊るように腰の運動ができる という商品です。

斜めになった座面だから座るだけで背筋がピンとし、座っているだけで背筋が伸びるので授乳が楽に行え、背筋を反らせたりストレッチも座ったまま出来、体の緊張を取り肩凝りや腰痛を防ぐ効果もあるそうです。

また、垂れ下がった子宮や膀胱などを本来あるべき位置に戻す効果もあり、座骨がしっかり乗るデザインだから毎日の生活が自然と骨盤ケアになる、というのですが・・・

値段は10,500円と 正座補助具としては「こんな値段でホントに売れるの?」と思うほどの高額。
いや〜しかし、皆さん色々考えますねぇ〜〜。

fu-ra.jpg

ひざ枕の感覚を味わえる枕

「女性が正座した姿の枕」があると以前に聞いたことがあるので ホンマかいなぁ〜?、と思い調べてみたら本当にありました・・・・。
その名もズバリ「ひざまくら」!

ジョーク商品かと思ったら以外と作りはしっかりしてて、実在の女性モデルから型を取って作られているそうです。

高反発ウレタン仕様で本物の女性にひざ枕をしてもらっている感覚を味わえて、一人さみしい時や人肌恋しい時にはピッタリ!(笑)。
究極の癒しアイテムと言えなくもない・・・かなぁ?

で、この枕 以外なことに 結構売れているそうです。
前に『膝枕と耳かき』という記事でも書きましたが、やはり"ひざ枕"は男の永遠のロマンなのですねぇ〜〜〜。

ちなみに、この枕のスカート 脱着可能(^^;)だそうです。
201.jpg

足がしびれない座布団って?

『 Oha!4 NEWS LIVE(おはよん ニュースライブ) 』というテレビの早朝のニュース・情報番組で番組内の「 あさ○info 」というコーナーで主婦の考えたアイデアグッズというのが紹介されていました。

その中で「長時間正座をしていても足がしびれない工夫をした座布団」というものがあったので ご紹介。

アイデアの内容は、普段は2枚重ねで使用し 正座をするときには上の一段を折りたたんで付属のマジックテープで留めて座る、というもの。

腰の位置を上げて痺れを予防する工夫で、商品化は未定だそうですが 簡単に自作も出来そうなので作ってみてはどうでしょう。

まあ、座ったときの見てくれがあまり良くないのと、かさばるので持ち運びには向いていませんが自宅で使用する分にはいいかも。

番組公式サイト↓(アイデアグッズの動画が見られます)
http://www.ntv.co.jp/oha4/asamaru/080307.html
aida.JPG

正座が楽になる「お手玉座布団」

正座が楽になる、ちょっと変わった座布団をご紹介。
その名も「お手玉座布団」!

関西では「おじゃみ座布団」といいます。(おじゃみは お手玉の意)
お手玉の縫い方そのままに作った座布団、と言えば分かりやすいでしょうか。

正座椅子と同じく 座ると腰の位置が上がり、正座椅子より安定性があるので楽に正座が出来るというもの。

正座だけでなく胡坐などでも楽な姿勢で座れる座布団です 。
このお手玉座布団 普通の座布団とは違い 全て手作り。
(角がたくさんあるため奇麗な形を作るには熟練の職人でないとなかなか出来ないのだそうです。)

ユニークな形なので座布団だけでなくクッションや枕にも使用出来ます。
和風柄で高級感がありデザイン的にも優れているので和室にも違和感なく置けるのがミソ。

かさばるので携帯には向きませんが、デザインが良いので自宅で使いたくなるような お座布ですね。
ちなみに色は4色から選べるそうです。

otedama.jpg

正座が楽になる座布団「ハーレー正座」

ハーレー正座」という変わった形のアイデア座布団があります。
横から見ると直角三角形に見える この座布団、 あぐらを楽にかけるようにと開発された変形座布団です。

実際、この座布団に あぐらを組んで座ると腰の位置が上がり 足下が下がっているので 楽な姿勢で座ることが出来ます。
傾斜角度が座ったときに背筋が伸びるようにと計算されていて、中のクッションも形状記憶フォーム( NASAが開発 )という長時間座っていても痛みを感じないという特別なものを使用しているそうです。

このハーレー正座は、元々あぐらをかく人用に作られた商品なのですが、後に この座布団に正座で座ると足がしびれにくくなる という機能があるということが分かりました。
これは座布団が斜めに傾いているために 座ると体重が前方にかかるためにギ座と似たような姿勢になるためと思われます。

サイズは2種類あり、Lサイズは奥行48cm、縦幅46cm、高さ15cm。
Mサイズは奥行36cm、縦幅36cm、高さ12.5cm。

このハーレー正座、かさばるし目立つので公式の場での使用は難しく 値段も7500〜10500円前後と高価です。
しかし、自宅で使用する分には何の問題もありません。

jh.jpg

究極の座布団「骨盤ざぶとん」

人間工学に基づいて作られた座布団、というものがあります。
早稲田大学名誉教授 野呂影勇博士が考案した、その名も「骨盤ざぶとん」!

この座布団の売りは「骨盤が立ち、自然に姿勢が良くなる」というもの。
正しい姿勢を保つことが見かけの美しさだけでなく健康にとっても大事なことは分かっていますが、普段の生活の中で正しい姿勢を意識して過ごすのはとても難しいこと。

野呂博士によると 背筋が伸び 背骨が理想的S字カーブを描くと言われている正座であっても 背中が丸くなることもあります。
しかし お坊さんの座禅姿はいつ見ても美しい それは座布団のおかげなのですが 素人には とても使いこなせない。

そこで、素人でも簡単に使える座禅用の座布団を作ろう、ということで開発したのがこの「骨盤ざぶとん」なのだそうです。

豊富なデータを基にアジア人の体格に合わせて開発。
色々と工夫もされているようで、体重を支えるため臀部にあたる厚みは5cmに、骨盤の傾斜を防ぐために高さを13cmにし、左右先端に切り込みを入れ 横座りや割座にも対応。
また、体の前滑りを防止する馬の鞍のような形状にし、座り心地の良いように2層クッションにしています。
ただ値段が やや高いのが難。

実は、この座布団と似たようなコンセプトのアイデアグッズがあります。
それは骨盤矯正クッション「骨盤スタンド
この骨盤スタンドも骨盤ざぶとん同様、座るだけで骨盤が正常な位置に補整され 背筋が伸び正しい姿勢を維持できるという商品です。
値段的にはこちらの方が安いですね。

yt.jpg

折りたたみ椅子の作り方(材料は100均の物だけ)

「100円ショップの材料で頑丈な折りたたみ椅子を作ってみました」というタイトルの ちょっと面白いYouTube動画を見つけました。

構造はけっこう複雑ですが、アイデアは非常に面白くて近未来的な綺麗なデザインをしています。

また、動画を見れば分かりますが 大人が乗っても大丈夫なくらい頑丈に出来ていて、材料に使うのは100均で買えるような物ばかりで、作るのに必要な道具は「ガムテープ」「カッター」「ハトメパンチ」のみ。

100円ショップで買う原材料は「プラスチックボード(A2サイズ)6枚 」「プラスチック製の円形まな板」「木材(2枚入)4個」「ハトメ(200個入)1袋」「丸ゴム(7m)2個」で材料費の合計は全部で1400円ほど。

1400円・・・?
それなら普通に お店で折りたたみ椅子を買った方が良いのでは?・・とも思いましたが(笑)。
作り方が知りたい方は デジタルイミグラントの伝言ゲーム を参照のこと。

これの小型のものを作れば正座椅子にも使えるかなあって思ったけど、構造がかなり複雑なんで ちょっと普通の人には作るの難しいかなぁ?・・・。

  動画はこちら ↓ 。

折り紙のように折りたためる椅子「フラックスチェア」

フラックスチェア」というのは“1メートル以内に77脚の椅子を収納する”をコンセプトにオランダが生み出した斬新で お洒落な 折りたたみ椅子のこと。

今回ご紹介する 折りたたみ椅子は、1枚のシート板を組み立てると簡単に椅子に変わるという優れもの。
広げると まるで折り目のついた四角い折り紙のような形をしています。

ポリプロピレン素材で作られている為、耐久性にも優れ160kgもの重さにも耐えられ、その上 汚れや水に強い素材なので室内だけでなくなどアウトドアなどでも使えるそう。
取っ手も付いているので持ち運びもカンタン 軽量なので女性でも楽に持ち運べ、色の種類も多いしポップ。

この椅子は、元々 日本の折り紙をヒントに作られた椅子だそうです。
折り紙というのは日本独自に発達した文化で、平面から立体(無機物から生物)を造形するという ある意味とても神秘的な作業で「折り神」とも呼ばれていました。

折り紙の中には複数紙を使って作るものや ハサミを入れて作るものがありますが、一番人気が高いのが「不切正方形一枚折り」という正方形の紙一枚だけを用いた折り紙です。

このフラックスチェアは ある意味 不切正方形一枚折りに近いのかもしれませんね。
これをヒントに、小型の正座椅子が作れないかどうか ちょっと考えてみたいと思います。

  動画はこちら↓。

運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。