uyt.JPG ------------ 000.jpg yokonagakuro.jpg

オスグット病の予防法

「オスグット・シュラッター病」というのを御存知でしょうか?
この病気は小中学校の野球・サッカー・バレーボール部員など 下肢を酷使するスポーツ少年に多く発症します。

症状は膝の膝蓋骨の下のところが出てきて、膝をついたり 押すだけでも痛くなるというもの。
以前は「成長痛」と呼ばれていましたが、今ではオスグッド・シュラッタ−病(通称オスグッド病)と呼ばれています。

子供の骨は成長のため、大人に比べて非常に軟らかく十分な固さも無く、また成長期には骨の成長と腱や筋の成長のスピードに差があります。
そのため、自分の筋肉の牽引力が膝のお皿の腱を引っ張りすぎて腱の付着部に障害が出るのです。
(病気の様に考えられていますが、 正確に言うと" 病気 "ではありません。)

安静時には症状が現れることはありませんが、脛骨粗面に圧痛と運動痛が生じます。
原因は疲労による筋肉の硬縮、これが膝関節の異常を引き起し 膝の関節にズレが起こると屈伸で膝の脛骨粗面付近に痛みを生じ、これが悪化すると粗面に当る部分の靱帯・筋肉が縦に裂け さらにひどい痛みが生じます。

このオスグッド病の怖いところは「関節が正常になっても痛みが残ることがある」ということです。

しかし、このオスグット病には非常に効果的な予防法があります。
その方法とは・・・「正座をすること」です。
正座をする習慣のある子供には この症状は現れません。

小中学校のスポーツ少年に この病気の発症が多いのは 彼らの多くは正座の習慣が無いからです。
剣道や柔道を習っている子供達に この症状は ほとんど現れません。
これは正座が最高のストレッチになっているからです。
正座研究所 参考画像
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。